レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

アルバース打てそうで打てない。ぐっとこらえて右方向に打つか・・・・あ~星野を思い出す。

 今日はお互いにクラシックユニ。時代こそ違うが,阪急のユニは本当に懐かしい。旧き良き時代の,お客さんがガラガラの西宮球場を思い出す。阪急やオリックスの左の技巧派と言えば星野伸之。超スローカーブに130キロのストレートがやたらと速く見える攪乱投法。どろんとしたカーブがどうにも打ちにくい。マルティネスとかもう待ちきれないので,ノーステップで打っていたような。結局,振り回すと思うつぼで,コツンと右方向に当てるようなバッティングでランナーをためて,プレッシャーを掛ける,またはとにかく球数を投げさせて,疲労させるしかない状況ではなかったか。今日のアルバースも変則投法で何かつかみ所がない。昨日までどちらかといえば,本格派が続いていただけにフルスイングがモットーの打線からすれば,格段にタイミングを外されている。ちくしょー,チャンスも野手の正面を突き,不運な面もあった。明日こそ,ガンガン打ちまくって,オリを調子に乗せないで欲しい。

 さて,今日は2-4で敗れたが,西武が初めて阪急と戦った時も実は同じ2-4のスコア。

阪急-西武前期1回戦 ( 西宮 ) 27,000人
西武 000 002 000 2 【勝】今井雄 1勝0敗0S【S】山口0勝0敗1S
阪急 200 002 00X 4 【負】古沢0勝1敗0S
<投手リレー>
西武 ●古沢 憲司7回2/3-永射 保1/3
阪急 ○今井 雄太郎6回1/3-S山口 高志2回2/3
<本塁打>
【急】福本2号(古沢)、高井1号(古沢)

 この時も初回に先制されて苦しい展開。若いファンには申し訳ないが,古沢,永射・・・・懐かしすぎる!というかホント40年前の試合ですから。阪急の山口って2回2/3も投げてセーブを挙げている。豪腕だったなぁ・・・・。って阪急を懐かしんでる場合ではないが,明日はガンガン、打って残り2試合でカード勝ち越しを!

 


にほんブログ村