レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

山川4番,武隈中継ぎ復帰,松井稼頭央の日・・・・開幕前にいろんな判断と企画。首脳陣,フロントも頑張れ。

 今シーズンのライオンズの野球は,堅守で豪快な打撃。ベテランと若手が融合して連敗しない!これでしょう。夢を見ているような話だが,前向きに考えたい。やはり4番は山川で決まり。たとえ打率が1割台でもこれ以上悪くはならないという考えは間違いではないだろう。開幕カードでしっかり結果を残せば笑って済ませるオープン戦だから。メヒア・中村も場合によってはシーズン中4番に入るかもしれないが,チームの理想を考えて4番を打たせることに異論はない。一方で,武隈の中継復帰は少し残念。結局,菊池ー多和田ーウルフー十亀ーカスティーヨー高木勇のローテとなるのだろう。誰かがローテを維持できなければいつでも先発で起用していくことなのか。6人の中に2人は左腕がバランスよくいて欲しい。横浜みたいに左腕カルテットとまではいかないが武隈先発はチャレンジして欲しい。登板過多にならないように伊藤・野田あたりの奮起を期待したい。松井稼頭央の日は楽しみ。若き日を西武で過ごし,1990年代後半から2000年前半まで西武で輝きを放った。ソフトバンクの工藤監督が現役最後を西武で終えたがその時とは全然違って完全に戦力としての存在。川崎は引退したが,松井は本当に最後の輝きを優勝という形で放ってほしいものだ。山川4番,武隈中継ぎ復帰,松井稼頭央の日など開幕を前に首脳陣,フロントがいろいろと話題を出してくれた。いずれの報道もシーズン全体に良い影響を与えて欲しい。40年前,ライオンズ選手や関係者のウィンドブレーカーには胸にワッペンがあり,野手はレオが打つ姿,投手はレオが投げる姿があしらわれていた。そしてレオが走る姿もあった。これは球団関係者で,「チームのために走り回るように」という意味が込められていたという。選手の努力だけでなく,いろんな判断や企画が優勝をもたらすと思いたい。

 


にほんブログ村