レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

オープン戦とは言え,豪快に3連発。勝利の予感か・・・。チーム月間最多本塁打48本を思い出す。

 オープン戦ながら,浅村・山川・中村の3連続ホームランが飛び出した。一人の打者が一試合に3本打つことは稀にあっても,3連続はさらに珍しいような・・・・。クリンアップの3連発は他チームに対して脅威を感じさせるものであっただろう。四番の山川も不振であったが,今日の一発で上向いていくだろう。残り2試合でベストな状況にしてほしい。

 ライオンズのホームランの思い出で,劇的なものといえば94年開幕戦の伊東の逆転満塁サヨナラ弾。あれは絵に描いたような逆転劇で記憶に残る一撃であった。そして,個人的に記憶があるのが,1980年8月に達成したチーム月間最多本塁打タイ記録の48本。とにかく打ちまくった。1980年後期は9月にまさかの首位。

f:id:reotousince1979:20180324083241p:plain

 その後,勝負どころで6連敗し,優勝はできなかったが,ガンガン打ちまくる当時の勢いは鮮烈だった。打撃のチームから繊細な守備のチームとなり,黄金時代を築いたが,ようやく勝利の予感というか優勝の可能性がでてきたと感じる。目指すは開幕ダッシュ。投打がっちりで他を寄せ付けない破壊力と機動力を発揮して欲しい。3連発は勝利の予感と信じたい。それにしても当時のパリーグって,ほんと,どのチームもガンガン打ってましたな。防御率3点台は日ハムだけ・・・。

 


にほんブログ村