レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

浅村が打点王目指す!年間を通して好不調の波をいかに小さくするか・・・・。

 浅村が打点王を目指すとの報道が流れた。浅村が打点王を獲るとなればそれは優勝の可能性は高まる。と,同時に流出の可能性も高まるが,そこはそれ,もう考えない,考えない・・・・。とりあえずおいといてだ。

 さて,2013年が打率317、27本塁打、110打点で大活躍の年だった。もうそんな前になるのか・・・。当時の報道を読み返してみると「プレッシャーを今まで以上に感じながらも、それを楽しみながらプレーできた」(週刊ベースボール2013年12月2日号)と語っている。四番打者には慣れないとインタビューで答えるなど,謙虚な姿勢でシーズンを貫いた。今年こそ,プレッシャーを楽しんで打点王、優勝を成し遂げて欲しい。去年はヤフオクではさほどではなかったが,浅村こそヤフオクでよく打っていたイメージがある。2,3年前だったかのヤフオク遠征でいい当たりで右中間の大飛球を放ち,ビデオ判定で2ベース。あれは,ホームランと思ったがなぁ・・・・。ガツンと捉えるライナーが炸裂するのをレフトスタンドからよく見ていた(ような)気がするし。ヤフオクで博多激獅会の「あっさぁむらぁ~」コールが耳に残る。ん-,浅村は打てなくなると,ぷっつり打てない病に悩まされる。2013年は好不調の波が少なかった。いかに不調を長引かせないかが大きな問題だろう。素人目で何も根拠がないが,自身のスウィングを重視する打者だから,好球必打の姿勢でいれば好調を維持できるのだろう。一方,いったんボール球に手を出してタイミングを崩せば,大スランプに突入しているような・・・・。絶好調から一気に奈落の底にいってしまうタイプかと。今年は色んな意味で成績を落とすわけにはいかんだろう。ファンにとっては冒頭の嫌な話になるが。打順は3番なのか,それとも5番か6番か,予測はできないが6番に据えて「トドメ」の閃光一撃を食らわす打点王となれば他球団の脅威となろう。ストライクだけ打てよ,ボール打つな!そしたら打点王だ。

 


にほんブログ村