レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

源田・・・・・。仙人のような風貌と全身バネのような,しなやかな動きに2年目のジンクスなどない!

   源田の自主トレの報道が流れた。昨年はフル出場で新人王。遊撃手という負担のかかるポジションながら返す返すも偉大な記録だと言える。さて、気になる二年目のジンクス。かつてのミスターライオンズ新人王の石毛と比べた場合、打撃は石毛の方が良かっただろう。2年目以降すっかりチームリーダーでベテラン選手にほぼほぼタメ口、陽気で明るいスター選手。引退するまでその存在はゆるぎないものでミスターライオンズである所以だ。ただ、源田とはタイプがあまりにも違いすぎる。細身の身体からバネのある筋力で繰り出すいぶし銀的なプレー。疲れ知らずの仙人的な風貌はもはや大記録を成し遂げそうな異次元世界。石毛も大好きだったが、時代時代にあった遊撃手像と言うか,何となく期待させる存在が源田だ。石毛以外の遊撃手なら奈良原、野球センスなら石毛以上と言われた行沢。俊足と守備だけなら上田浩など。様々な選手が去来するが,ライオンズ史上最も打撃と守備のバランスがいいのが源田となるのではないか。敵チームのマークは厳しくなること必至だが,霞(かすみ)を食べて生き抜く仙人に2年目のジンクスなどない!目指せ50盗塁,打率.300。

 

 


にほんブログ村