レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

暗雲漂う浅村、山川の契約更改。チグハグな対応が将来のひずみを生む。

 浅村と山川の契約更改に関する報道が流れた。浅村は5500万円増の年俸2億1000万円でサイン。ただ,「甘えがでるので」と複数年契約を拒否。一方、山川は球団から提示された条件を保留。「今年の成績は自信があった」と厳しい表情とのこと。まさしく,暗雲漂う契約更改ですな。もう,どうにもならんのかと。複数年契約はFA権行使を少しでも遅らせたい策だと思われるが,あっさり拒否されるとはね。浅村ほどになればタイトルは取れなくても,ケガなく出場すれば年俸は上がっていくだろうが,優勝はしていないわけで,5500万円アップはむしろ上げすぎ?しかも打率・ホームラン・出塁率など昨年度をすべて下回っている。キャプテンに任命したら,チーム愛も生まれそうなもんだろうけど,そんなに甘くはなかった。背番号3も引き留めにはならなかった。球団側の複数年,先制パンチは軽くかわされ空を切った。複数年契約の内容にもよるが,「あげる!」っていうのに,「要らない」と言われたわけだから。

 一方,山川は(選手が)「欲しい」って言ってるのに、「やらない」と言うこと?現在の1600万円からどれだけの提示をしたのかわからないが,「倍増」ぐらいじゃ,いかんだろう。フルシーズン活躍したわけではないから,いきなり「億単位」は請求しないだろうが,「倍増」ぐらいでは判を押さないだろう。中村を大幅に減額したわけだから,その分を少しでも回してやれば,しばらくは機嫌良く打ってくれるんじゃないのかな。そういう誠意が「御恩」となって,将来,困ったときに助けてくれる存在となろう。何ともチグハグな契約更改の報道にファンとしてはため息の出ることしきり。資金力だけで野球の成績が決まるわけではない。しかし,こういう意思疎通の図れない契約更改を少なくすることが,大事じゃないのか。

 


にほんブログ村