レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

外崎修太の活躍に思うこれからの「西武愛」。「西武愛」を育むにはどんな野球を目指すかのビジョンが必要!

   侍ジャパンで西武勢が頑張っている。特に外崎に注目したい。今年は内外野のユーティリティーとしてよく頑張った。松井稼が帰って来そうなので微妙に出番が減りそうだが、小力のある打撃でレギュラー獲得して欲しい。源田も泥臭いが外崎も東北の粘り強さというか、日本人の原風景のような勤勉さが感じられる。いつか上位打線を打てるようになる。トリプルスリーとまではいかないが、3割20本30盗塁はいけそう。かつての片岡のようだが、打撃はミスターライオンズ石毛宏典に似ているように思う。

   さて,西武愛を本当に植え付けていくにはこういう選手を大事に育てることが大事ではないか。金子侑・源田・外崎の3人で100盗塁し、フルスイングがモットーの重量打線で着実に加点する野球が、攻撃陣からみた西武黄金時代再来のビジョンのような気がする。FAは選手の権利だから行使するもしないも自由。年俸や例によって「他球団での評価」にこだわるなら行使すればよい。でも選手にチームのビジョンを示し、選手にそのビジョンに沿った役割を感じさせれば多少は西武愛に近づくのではないだろうか。チームの都合で選手をいいように起用した挙げ句、FAが近づくと慌てて複数年契約、無視されてすぐにFA、果てはポスティング・・・・・ではねぇ。

 これからも秋山、浅村など流出の危機はしばらく続くだろう。だから外崎の世代あたりからはビジョンを示してしっかり西武での居場所を確保する必要があるだろう。結局、栗山にせよ、中村にせよ、ビジョンはさほど示されなかったが個性を発揮できる居場所が西武だと思ったのだろう。選手のもつ個性を発揮できるチームとして西武を選ぶかどうか。チーム愛は厳しいレギュラー争いの中で,自分の個性をチームに期待され,適正に評価されてこそ育まれるものだろう。今年こそ,FAで選手が出て行く最後の年にして欲しい。

 


にほんブログ村