レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

牧田和久ポスティング容認よかった,これからだ!一方,松坂大輔もよく頑張った。でももう引退した方が・・・。

 今日は牧田和久のポスティング容認の報道が流れた。以前から本ブログでもポスティング容認を主張していた。どれぐらいメジャーで活躍できるかは「やってみないとわからない」けれども,もしメジャーデビューを果たしたらあんまり観ない大リーグ中継も観るんだろうな。ダル,田中,前田など積極的には観てなかった。観れば観るほど,なんか日本のプロ野球が大リーグのマイナーリーグ化しているようで。何なら,日本の企業が大リーグチームを買って日本人だけのチームでもつくればね!と言いたいぐらい。二言目にはメジャーメジャーって。でも,牧田が行って,メジャーリーガー相手に三振取りまくるところは観たい。まだ,何も始まっちゃいませんが,並み居るメジャーリーガーをきりきり舞いさせて欲しい。

 一方,メジャーから帰国して3年。松坂はとうとうソフトバンクを戦力外。一部では西武に復帰?みたいな報道もあったが,さすがに西武も獲得に動かないようで。松坂はソフトバンクに入団時に「本社と球団が一体になって世界一のチームを目指す。それが私の使命」とする孫正義オーナーの方針に共鳴し,王会長にもかつてのWBCで信頼して使ってもらった恩を感じていた。最後は,温情のコーチ就任要請もあったのに現役にこだわり退団。1999年から2008年にかけて,ケガして休んだ2002年を除けばずっと二ケタ勝利。ホントすごい投手。でも松坂がコーナー,コーナーを丹念について130キロそこそこの球を投げている姿をファンとしては見たくない。先輩後輩で面白コンビの石井貴氏は「(松坂は)平成の怪物じゃなくて,投げるときは昭和の気質、チームのために投げ抜けている」と語っている。昭和の気質で,もう一花咲かせてという気持ちも分かるが,デビュー戦で日本ハム片岡を空振り三振に取った剛速球を知るファンとしては,引退して新たな指導者としての道を歩んで欲しいですな。よく頑張った。

 


にほんブログ村