レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

惜別ライオンズ③岩尾 利弘 地味ながら9者連続の金字塔!5年で公式戦3勝!負けなし。これからは打撃投手で西武を支えて欲しい。

惜別ライオンズ③岩尾 利弘 地味ながら9者連続の金字塔!5年で公式戦3勝!負けなし。これからは打撃投手で西武を支えて欲しい。
 岩尾と言えば9者連続三振!2015年,切れ味鋭いツーシームを武器に,4試合にまたがって複数試合での9者連続三振を達成した(参考記録)。結局、1年に1勝しか挙げられず,通算で3勝。ただ負けはない。好投しても長続きせず,2013年8月6日の日本ハム戦で,9安打7失点で大乱調。即二軍落ちで,2015年まで一軍登板はなかった。そして,2013年5月14日のヤクルト戦で1点差の6回1死満塁のピンチを無失点で切り抜け,念願の初勝利を挙げた。
2013年05月14日 (火) 東京ヤクルト-埼玉西武1回戦(神宮)
埼玉西武        100 120 000 4 [勝]岩尾 ( 1勝0敗 )[S]大石 ( 6セ )
東京ヤクルト 102 000 000   3 [負]村中 ( 3勝2敗 )
(投手リレー)
十亀4回-○岩尾2回-坂元1回-サファテ1回-S大石1回
●村中4回1/3-ロマン1回2/3-石山1回-松岡1回-押本2/3-正田1/3
(ホームラン)
[ヤ] 岩村 3号 ( 3回2点 十亀 )
 1軍と2軍を行ったり来たり。週刊ベースボール2015年4月20日号では悟りを開いたかのような発言で「海で生きるクジラにとって,僕が抑えようが打たれようが,何の関係もないと思うことで,ラクな気持ちになった」という。この後の8月20日に牧田の降板後,2回2/3を抑えて勝ち投手となり,結果,これが最後の勝利となった。小柄な体の割りに球も速く,背番号31を付けた。31といえば伝説のリリーフ永射氏がつけていた番号。しかし,中継ぎ・先発ともに大成することなく現役を終えてしまった。来季からは打撃投手としてチームに残留。ライオンズの日本一を裏方として支えて欲しい。ありがとう,岩尾。

 


にほんブログ村