レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

惜別ライオンズ①鬼崎裕司 期待された背番号「5」も最後は寂しかったが,守備だけでなく思い切りの良いスイング。さようならナイスガイ鬼崎。

 鬼崎と言えば,レギュラー不在の遊撃手を一時は争うまで,いやもう奪った?というまで活躍したチームの準主力であった。試合後半の守備固めで堅実な守備だけでなく時には好打も見せ,長らく1軍に帯同した準主力。ベンチで誰よりも声を出す選手で,首脳陣からムードメーカーとして評価されていた。ヤクルトからのトレードでやって来たが,ファンから見ると本当に最初からチームにいたような感じのナイスガイであった。鬼崎が活躍する発端となったのは,2013年5月28日のDeNA戦だという。8回の守備固めで守りにつき9回に1打席回ってきた時にいい当たりのセンター前ヒットを放ち,翌日からスタメンになった。そのスタメンの試合で延長10回に決勝点を呼び込む3塁打を放ち勝利に貢献。パワーヒッターというイメージではないが,とにかく思い切り振る!という姿勢が好成績を生んできた。忘れた頃に痛打を放つ。また,バントも印象的。2012年9月22日の送りバントもファンを唸らせた。8回裏1点ビハインドの場面でツーストライクと追い込まれながらのスリーバント。そしてそこから決勝点を奪った。

2012年09月22日 (土) 埼玉西武-北海道日本ハム21回戦西武ド-ム
北海道日本ハム 310 000 000 [勝]長田 ( 2勝1敗 )  [S]涌井 ( 26セ )
埼玉西武    011 000 12X [負]増井 ( 5勝5敗 )
(投手リレー)
ウルフ4回1/3ー石井1回2/3ー宮西1回ー●増井1回
石井2/3ー十亀2回1/3ー松永1回ー○長田1回ーS涌井1回
(ホームラン)
[日] 陽 7号 ( 1回1点 石井 )
 守備の人からバッティングでも期待ができるようになり,背番号も「5」になったが,昨年からは失策が目立ち,今年は一軍でのプレーは見られなかった。しかし,本当にたたき上げの根性のある選手だった。ありがとう鬼崎。これからもライオンズのために頑張って欲しい。

 

 


にほんブログ村