レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

東北楽天とのクライマックス展望⑤気をつけろ。梨田監督の終盤の勝負強さ。持ち込まれたくない終盤の同点。

   さて今日は「(後半~終盤の)同点の場面でどうなるか」を整理してみた。2017年シーズン両監督の同点で迎えた5回以降の対戦成績を整理してみると・・・・・。

 

f:id:reotousince1979:20171011204916p:plain

   対戦成績がよいだけに負けがない。引き分けはあの「渡り鳥」に邪魔され,シュリが雨でボロボロになった試合。このデータだけなら,負けはないのだろうが,そこはそれ,これまでと同じに考えて良いかどうか。対戦成績でのデータではなく,全試合のデータとなると,

f:id:reotousince1979:20171011205010p:plain

   あらら。梨田監督の方が勝率はよくなる。楽天は6回裏まで凌ぎきると8回表裏の攻防で勝ち越す場合が多く,5~7回は,回を追う毎に勝率が高まる。逆に西武は6回に勝ち越せないと以降,8回までにリリーフ陣が打たれる(あるいは打撃陣が打てない)ケースを考えれば,「やっぱりな」である。久々の大舞台,これまでの対戦成績は忘れて,梨田監督の勝負強さに要警戒!何が何でもリードして終盤を迎えないと捨て身の東北楽天(こちらも捨て身だが)を止められない。梨田監督を上回る勝負強さを辻監督に発揮してもらいたい。

 

 


にほんブログ村