レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

昔の外国人の思い出話など②

 さて,昨日は好きな助っ人外国人をつらつらと思い出してみた。今日は,昨日ほどではないが,何となく記憶に残る外国人について好きな順に並べてみた。(埼玉西武公式ホームページのヒストリーから拾う)
① タイロン(1979~1982年)/草創期にやってきた長距離ヒッター。長距離砲だったが1番打者。重量過ぎる打者が多かったんで,比較すれば俊足だったのか。外野だったと思うが守備が今イチ。打ってたように思うが,南海に移籍。
② ミンチェ(2000~2011年)/昨日の優良外国人に入れたかったが,先発で活躍後,リリーフで芽が出るまでしばらくかかったような。オリックスではそんなに活躍せずに助かった。
③ ブコビッチ(1986~87年)/一応,黄金時代に活躍。広島との日本シリーズで少し活躍して,翌年も残留したような。前評判はよかったのに,蓋を開ければ低打率。本当に忘れた頃に打ってくれた。
④ ホワイト(1984~85年)/テリーの後にやってきた。テリーじゃなくてジェリーとか言われていたような。ホームランも結構,打っていたが1年で大洋へ移籍。何か残念。
⑤ オーティズ(2012~2013年)/活躍したりしなかったり。全盛期は過ぎていたが,そこそこ期待できた。海外スカウトでメキシカンリーグでメヒアをみつけた人でしたか?
⑥ ペンバートン(1997~1998年)/マルティネスとキャラがかぶるような選手。マルちゃんのお友達?時折長打力を発揮。ちょっとだけ横浜との日本シリーズで活躍。しらべたらそんなにホームラン打ってない。もっと打ってた気がする。
⑦ ブラゼル(2008年)/のちのち,阪神やロッテでも活躍。守備今ひとつで,デッドボールとか背中にドカンと受けて痛そうな感じだった。よけるのが下手だったのかな。
⑧ ヘルマン(2012年)/「ヘルマ~ン!」とかスタンドから声援があって人気者だったが,最後は契約でもめて?というか契約が切れるとさっさとオリックスへ。話も聞いてくれなかったような。
⑨ ジョンソン(2007年)/闘病しながらの投球に声援を送ったが,1年で戦力外。今調べると結構な年俸もらってたようで。
⑩ チャン・ズージャ(2002~2006年)/1年目は大活躍。ところが2年目に何にも練習せずにキャンプインして生意気ぶりを発揮。台湾ではアイドルみたいなことしていた?

 そこそこ記憶に残る外国人は,昨日も書いたが少なくとも個性があった気がする。助っ人外国人はプロ野球では欠かせない存在。個性を発揮して,勝利をファンにもたらしてほしいものだ。何とか調子を上げてくれ~まずはエルメストメヒア!

 


にほんブログ村