レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

昨日の野上の追記・試合を何とかつくる苦労人の「初完封」,本当におめでとう

   昨日の野上の完封劇。そもそも完投のイメージが全くない野上の「途中降板」について調べてみた。野上が「5回降板あるいは6回途中降板」した試合を拾ってみると合計36回。勝敗は17勝17敗2分。自身の勝敗は8勝6敗。他の投手に勝敗がついた場合は9勝11敗。
 5回(6回途中)で降板する試合展開では,勝率がそんなに良くないのは当然だが,同じ条件で十亀は何と3勝16敗(自身の勝敗は1勝12敗でこりゃひどい)。クオリティースタートとかいう表現でもよさそうでしょうけど,長年にわたって何とか試合をつくってくれた投手である。

 2014年に初完投した時もすでにプロ入りから6年経過しており,本人も(自分の課題は)「6回以降、3巡目からの投球」と述べている。(週刊ベースボール2014年10月13日号)。初完投から,さらに3年経過した初完封。ファンとしてはもっと長いイニングを投げて欲しいと思うが,試合をつくるということが野上の「良さ」。苦労人の初完封本当におめでとう。次回もファンに「勝利の可能性」を与えて欲しい。十亀ファンの方,すいませんでした。ショッキングなデータで。さぁ今日は課題の,いや,期待の高橋光成。試合をとにかくつくれ!打線は打ちまくれ!若い捕手,森友哉先発なんですよね?

 


にほんブログ村