レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

5点リードが薄氷を踏む勝利・・・危なかったけど、勝利の方程式が久々に機能しました

 6回表は守備の乱れからまさかの同点劇。確かに源田のエラーは痛かったが、その前の、太田賢のピッチャー強襲安打も、もうちょっとウルフの動きにキレがあれば取れたかもしれず、シーズン終盤の疲労が感じられた。守備の乱れもそういう疲労が蓄積してのことでしょうな。調子云々もあるでしょうけどここまでくれば体力勝負。楽天とは最後は消耗戦になりそうなので、気力で頑張って欲しい。

 さて、今日は薄氷を踏む勝利。過去に5回裏終わって5点リードで負けるなどという試合はあってはならんことですが、日ハム相手に5回裏まで5点のリードを守りきれなかったのは2回。(2005年以降)

                         5回までのスコア   最終スコア

 2014年08月16日 (土)  埼玉西武-北海道日本ハム15回戦   6 - 1     8 - 8 △
 2015年09月20日(日) 北海道日本ハム-埼玉西武25回戦   0 - 5     9 - 7

 でしたなぁ。2015年の試合はホントまさかのまさか。このときも6回に岡本洋がレアードに3ランを浴びるなど7失点で逆転を許し、7回裏にも2点を追加されエンド。先発岸の後を受けた武隈、岡本、髙橋朋が打ち込まれた試合。んー、今日も危なかった。今日は勝利の方程式がびしっと決まって2015年の二の舞にならずやれやれ。来シーズンに向けた戦いとなっている日ハムの若手打線とはいえ、調子に乗せると痛い目に遭うとこでした。

 一進一退の続く9月。来週の楽天ソフトバンクが今シーズンの粘りどころ。まずは楽天を叩いて引導を渡し、新しい打線が憎っきソフトバンクに3タテ食らわすぐらいの展開で相手に嫌なイメージを付けさせたい。頑張れライオンズ。

 

 


にほんブログ村