レオ党since1979

日々の試合展開を過去の試合と比較しながら、ライオンズを応援するブログです。

浅村逆転満塁HRを何度も見てしまう・・・・。秋風しみる日公を尻目に今年は何としてもSBか日公相手に優勝を決めたい。そういえば,キニーってどんな投手でしたっけ?

 まだマジックも点灯していないのに何かもう点灯した気分。いかんいかんと思いつつ,何度も浅村の逆転弾を見てしまうのは私だけではないだろう。世の中便利になって。いつでもダイジェストを見ることが出来る。前はスポーツニュースをハシゴしてたもんだが,ネット様々や。黄金時代を終えて完全に停滞期に入り,Aクラスもままならない年が続いた。何か,数年間の苦しみを払拭するかのような試合展開。大事にしたいね,こういう雰囲気。菊池はもう出て行く気まんまんだが,浅村,秋山にはね,新しい黄金時代を築いてもらいたい。

 さて,追いつ追われつの好ゲーム。7回2点ビハインドでの劇的勝利は・・・・。

2008年08月12日(火)埼玉西武-北海道日本ハム17回戦 ( 西武ド-ム ) 19,055人
北海道日本ハム010 010 200  4 【勝】小野寺 ( 4勝4敗 )
埼玉西武      200 000 06X 8 【負】武田久 ( 3勝5敗 )
<投手リレー>
【日】スウィーニ-6回-建山1回-●武田久1/3-伊藤2/3
【西】埼玉西武キニー5回1/3-大沼1回-星野1/3-○小野寺1回1/3-グラマン1回
<本塁打>
[西] ボカチカ 16号 ( 1回2点 スウィーニ )[西] 江藤 3号 ( 8回3点 武田久 )

 キニーかぁ。先発は・・・・。って誰だったけな。思い出せない・・・・・。何か左腕だったっけな?いや,ありゃギブンスだ。わからん時は調べてみよう。「2008年入団長身からキレのある球で開幕から先発ローテ。3、4月に2勝」(週刊ベースボール2018年7月30日号),「ブルワーズ時代の03年に10勝をマークした長身右腕だったが先発で2勝と不甲斐ない結果で自由契約」(別冊宝島プロ野球最強助っ人)」んー,ダメだ思い出せない・・・・。ま,そのキニーが先発して,8回裏に江藤3ランなどで逆転。10年前,こんな勝利を収めていた。優勝に向かってひた走れ。明日は千葉だ~。

 


にほんブログ村

 

金子よく打った!劇的3ベースヒット!!ピッチャーは絶対に無駄な四死球を出すな!

 最後はヒースが圧巻の三者凡退で締めた。今日の勝利はとても大きい。1つ勝ちさえすれば,御の字だった日公3連戦。何とか今日,逆転で勝利を収め,優勝へ向けて最低限の「1勝」を挙げた。明日勝てば,いよいよマジック点灯へまっしぐらムード。いよいよ10年ぶりの優勝へ本格的に走り出した。ま,表現としては走り出したってことで。それにしても投手陣は,久々に西武が先制して3点リードの楽な展開になったにも関わらず,無駄な四死球とワイルドピッチなど散々な出来。まともな投球は最後のヒースだけだった。特に相内はアピールのチャンスを与えてもらいながら,いきなり四球で本領を発揮。先発もダメ,緊迫した場面のリリーフもダメじゃなぁ。使い方は難しいなぁ。本当にそろそろ考えなきゃいけないんじゃないか。

 さて,7-6のスコアは野球としてはとても面白い展開。この前のオリックスとの初戦も同じスコアだったが,感動的な試合が多い。日公相手に7-6で勝った劇的な勝利とは・・・・・・。

2013年08月07日 (水) 埼玉西武-北海道日本ハム16回戦 西武ド-ム 18,502人

北海道日本ハム 102 000 120  6 【勝】涌   井 ( 5勝5敗 )
埼玉西武       102 000 103  7 【負】武田久 ( 2勝2敗 )
<投手リレー>
ト-マス3回-谷元2回-増井1回-石井1回-宮西1回-●武田久2/3
十亀5回-石井1回-増田1回-ウィリアムス1回-○涌井1回
[西] 浅村 20号 ( 9回3点 武田久 )

 この時は鮮明に覚えてる。あの浅村のサヨナラ3ラン。今日の勝利はそこまで劇的ではなかったけど,ま,優勝に向けて大きな前進となる勝利には違いない。あ,この時も先発は十亀ですか。次はちゃんとやれよ。それにしても最後の金子のレフトオーバーの当たりは,昔,日本シリーズで金森が放ったサヨナラ打に似てたな。ちょこんと合わせてレフトばんざいみたいな・・・・。秋風が少し,心地よいわな。

 


にほんブログ村

 

 

 

日公との首位攻防初戦敗退。ここ数試合苦しい展開・・・・。一つ勝てばいいんだけど。

 エース菊池で初戦を落とした。復帰した金子の活躍でせっかく逆転したのに,その直後,相手のクリンアップに3連打じゃなぁ。こういう試合展開は疲れが残る・・・・。終盤はリリーフ陣に抑え込まれてしまった。山川・中村の好調な打撃で打線全体は活気に満ちた雰囲気もあるが,要所要所を抑え込まれてはね,相手を勢いづかせる。一つ勝てば日公にも諦めが出てくるはず。3連戦,1勝2敗でよい。「1点にこだわる野球」を掲げたその基本に立ち帰って今日からまた頑張って欲しい。それにしてもマーティンは結構,打たれるとかっかするタイプですな。中田の一発で済んだからよかったものの,連打を食うと意外に冷静ではいられなくなる(かもしれない)。

 さて,折角6回裏リードしたのに逆転負けしてしまった展開は

2014年08月14日 (木) 埼玉西武-オリックス17回戦 西武ド-ム17,879人
オリックス 000 110 160  9 【勝】東明 ( 3勝5敗 )
埼玉西武  101 001 010  4 【負】ウィリアムス ( 3勝3敗 )
<投手リレー>
【オ】○東明7回-榊原2回
【西】岡本洋7回-●ウィリアムス1/3-岡本篤1/3-平野1/3-宮田1回
<ホームラン>
[オ] ペ-ニャ 26号 ( 4回1点 岡本洋 )
[西] 森 1号 ( 8回1点 榊原 )

 この時は8回にウィリアムスがボコボコになってしまった。よくあることとはいえ,こういう疲れの残る負けを今日は久々の打線爆発で払拭して欲しい。一つ勝てばぐっと優勝に近づくはず。ドームも秋風吹いてきたし。実りの秋を味わわせて欲しい。

 


にほんブログ村

 

昨日の勢いを生かせず。秋山・源田,今日は頼むぞ。

 あと一本が出なかった。いきなりの2ランによる失点。というかやっぱり先頭打者への四球が痛い。立ち上がりの髙橋光の制球が敗因だろうか。4回以降は昨日の多和田と同様,粘ったんだけどなぁ。打つ方は秋山が結局,無安打。快音が聞かれなかった。外野への当たりは惜しかったけど。もうひと伸びが・・・。チャンスにも三振でレフトスタンドも意気消沈だ。まぁボールじゃないのか?と言いたくもなるが。

 さて,8回裏1点ビハインドだとオリには2005年以降8勝28敗(勝率.222)。勢いもあるし勝つ可能性が高いと思ったんだが・・・・。昨日のリベンジをきっちり返された。ただ連日の好ゲーム,暑さを忘れての熱狂的な応援と怒濤の盛り上がり。今日こそ初回から大量点だ。今日は先制するだろ,いくらなんでも。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

大逆転に大興奮!まさかの初回6失点だったのに・・・・。今季2度目の神がかり的勝利にVのシナリオは完璧だ。

   いきなりの6失点には沈黙するしかない状況だった。ワンアウトも取れずに4点失い,二人ランナー残して試合を決めにかかる犠打でようやくワンアウトか・・・。誰もが多和田の背信投球にがっかりしていたが,2回以降はまさかの快投を演じ,大城の度重なるエラーもあってまさかの逆転勝ちにつながった。それにしても初回とは言え6点先制されての勝利に誰もが大興奮。今日はバックスクリーン横で観戦したが,ヘッドスライディング2連発に山川のホームヘッドスライディングに大興奮。長く見てきたがこんな劇的勝利はない。もう優勝するしかない。これを神がかり的勝利と言わずに何というのか。CSはどうであれ,リーグ優勝へのマジック点灯も近付いてくる。誰か計算して下さい。いつですかね,マジック点灯日。さて,大逆転の陰に隠れて絶不調だったのは1・2番のお二人。二人合わせて10打数0安打では・・・。早めに1本出てたらもっと楽な展開になったかも知れない。とくに秋山は三振が多く,何か気がかり。今日はガンガン行こう!今日はこちらが初回大量先制だ!

 

負けちまったか・・・。でもいい。カード勝ち越しも5連続。次の楽天戦も勝ち越して勝負どころでとにかく打ち勝て!

 3タテするに越したことはない。ただ,前回もオリックス戦はメットライフで3タテしたので,敵地まで乗り込んで3タテは・・・,勝てるときに勝たなきゃいけない・・・・それも分かるが,今日は今日でいいじゃないか。負けていいじゃないかなんてないけど,いい負け方ってもんもあるだろう。山川,中村の一撃で1点差まで詰め寄った。3タテして胡座かくよりも,悔しさが残って次の戦いで負けた課題を克服する方がチーム力の向上につながる。勝って反省しない訳じゃないだろうけど,負けたら反省するしかない。それが大事な気がする。今の若い西武にとっては。次の楽天戦で勝ち越せば,全チームから勝ち越し。気分いいねぇ。勝ち越せば。いい試合って逆転に次ぐ逆転,引き締まった投手戦・・・・・。どんな好ゲームも3連戦で勝ち越さなければ意味がない。次節の表ローテで勝ち越す!それで全チームに引導をわたすことになる。やろうじゃないか,怒濤の攻めで。それにしても中村,打つなぁ。栗山も打てよ。松井稼はまぁ・・・。半分,縁起物みたいになってますけど。

 

 


にほんブログ村

 

 

4点先制は苦しい展開になりやすい・・・・・。でも全力を尽くしたな。最後は外崎の守備に助けられた。

 敵ながら,ちょっとは応援しているオリ中島。7回には打ちやがったな。危うく同点にされるところだったが,平井が根性で後続の小田を抑え,役割をぎりぎり果たした。中島は大きいものは出なくなったがコツコツ当ててヒットにしている。率はそう高くはないとは言え,やはり侮れない存在だ。ちょっと老け込んできた感はある。8回の逆転のチャンスには凡打してくれて本当にありがたかった。おかわり中村が絶好調なだけに,オリ中島ももう一花咲かせて欲しい。当たり前だが,日公やSB戦でな。間違っても西武戦で活躍しないでいただきたい。

 さて,今日は4点先制しながらも追いつかれそうな嫌な展開。高橋光先発で「ガンバレー」と思ったが,高橋はぴりっとはしなかった。奇跡的に勝ち投手の権利が残って今季初勝利となったが,次回の登板はもっと剛速球を投げ込んで欲しい。接戦を制したのは9回表の外崎の守備だろう。ランナーの様子をみながら,打球をみながらの二塁封殺。勝利を確信した!

 さて,初回に4点取って何とか勝った試合は・・・・。

2012年5月12日(土)北海道日本ハム-埼玉西武7回戦 函館 20,308人
埼玉西武   450 000 000 9 石 井 ( 3勝0敗 )
北海道日本ハム100 000 223 8 斎藤佑 ( 4勝2敗 )
○石井6回2/3-松永1/3-野上1/3-ウィリアムス2/3-涌井1回
●斎藤佑1回1/3-植村2回2/3-榊原2回-谷元1回-乾1回-森内1回
[日] 大野 1号 ( 7回1点 石井 )[日] 岩舘 2号 ( 7回1点 石井 )

 意外に初回4点リードは勝率が悪い。勝率: 0.583 [7勝5敗0分]で5回も負けている。この試合も危ない危ない。この試合も薄氷を踏む1勝といってよいだろう。今日も中村の一発がなければ負けていたんだし。さぁ,明日は今井でオリ3タテといきたい。貯金21。一つ一つ積み上げていこう。多和田-高橋光-今井と,近い将来,西武の三本柱となる先発リレーに心躍らざるを得ない。明日も勝つぞ。ディクソン粉砕だ。そして新時代の到来としたい。

 


にほんブログ村